2017年09月21日

生活期リハビリテーション連携の会


以前にも、少しだけお伝えしたことがある、生活期リハビリテーション連携の会ですが、2ヶ月に1回のペースで学習会を開催しています。


第9回目は9月15日におこないました。

今回は、長く神経難病の臨床に携わり、現在は「札幌医療リハビリ専門学校 理学療法士科 昼間部学部長」の 中田正司先生にご講義をいただきました。


内容は「神経難病患者が自分らしく暮らすためのリハビリテーション」



IMG_7234.jpg





在宅だからこそ考えなければならないリハビリテーションの視点について、とてもとても分かりやすく教えて頂きました。




今回は、行政の担当課の方々、デイサービスの介護職員や看護師など介護サービス事業所の方々にも声をかけさせて頂いて、多くの方々にお集まりいただきました。




疾患と特徴からリハビリテーションの視点と実際




IMG_7221.jpg





生きることと自分らしく暮らすこと・・






自分らしくを支えることって・・




もしかして、私たちにとって普通にしていることかも知れないけれど・・





そこが、難病リハビリテーションの基本ですっていう先生からのメッセージが伝わります





ともすると、専門職の想いがぶつかり合って、輪の中心からご本人がいつの間にか端っこに・・



IMG_7222.jpg




その人らしくを支えるには、「それぞれの専門職に対するリスペクトを忘れずに!!」っていう言葉も心にしっかり刻んで、明日からの支援に活かしていこうと強く思った学習会になりました。






「生活期リハビリテーション連携の会」に、ご興味のある方は事務局「デイサービスセンターきりん」
TEL0134(24)6777 担当:菅田 まで



posted by はびりす at 08:41| はびりす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする