2017年10月05日

十五夜


「満ち欠けする月の様子」や「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、農作物の収穫やものごとの結実、 祖先とのつながりを連想し、それぞれに感謝し祈るようになったのが十五夜と言われています。


10月に入って急に雨と寒さが強まって、ゆっくり月を見るという気持ちもそがれてしまいそうになりながら、「デイサービスセンターきりん」でも、十五夜を楽しもうということになり・・・


ススキやお花を飾って、お月見まんじゅうをみんなで食べましょうと準備して・・・


IMG_7302.jpg



お得意の切り絵をホール内に飾って下さった利用者さん

ありがとうございます!



IMG_7317.jpg



飾りの前で、ちょっとおすましなご利用者の皆さん


IMG_7303.jpg



雨で月を見ることができなかったですが、みなさんの笑顔を見ることができて私たちはとっても嬉しい時間になりました。



移りゆく季節ですが、そんな季節の小さな風物詩を大切にしていきたいと思っています。


posted by はびりす at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする